アメリカ英語とイギリス英語

イギリス英語とアメリカ英語は


確かに聞いていると格調が違う。


CANがカーンとキャンで発音が違ったり・・・


と言った感じよりも


関東・関西対決に近いノリが・・・





日本も方言って多民族国家に近い位


実際には色々あるけれど、


地元方言もFMで使っていると


結構親しみがわいて良かったりする。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30461898

この記事へのトラックバック

英会話の勉強の情報は
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。